―すべての患者・障害者・高齢者が安心して暮らせる社会を―

INFORMARTION  
2017年09月26日 ホームページをアップしました。

[ご案内]
 今年も下記の要領で「患者・家族集会2017」を開催します。難病やがん、長期慢性疾患の方やそのご家族、そして医療関係者や研究者の方々、マスコミ等の方々など、医療などに関心をお持ちの方を対象にしています。
 昨年の患者・家族集会は、〇わが国が世界に誇るべき国民皆保険と公的医療保障制度を守り充実させること、〇患者・家族の視点から、現在の医療・介護・福祉の現状と改革の方向を、広く国民にアピールすること、〇国民の代表である国会議員への理解とはたらきかけることを目的として開催され、一定の成功を収めましたが、今年はさらに発展させたかたちで行いたいと思います。
 わが国では、2015年1月1日から難病法が施行され、2016年4月1日から国連の「障害者の権利に関する条約」の締結に向けた国内法制度の整備の一環として障害者差別解消法が施行されるなど法的な枠組みは一定程度整いました。
 また、科学技術の発展により、日本の医療技術は格段に進歩してきました。一方、それは喜ばしいことですが、その進歩が生きづらさも生みだしてきたことも昨年の集会などで明らかになってきました。高度な専門性は医療機関の偏在を生み、また地域医療格差も作り出しています。そのことが医療費負担の増加と医療費以外のさまざまな負担の増加も余儀なくされているからです。
 さらに現在、私たちをとりまく情勢にはたいへん懸念すべきものがあります。難病に関しては、難病法による経過措置が2017年12月末で終了すことにともない、難病で療養を続けている方々の多くが厳しい診断基準により軽症者扱いとなり指定難病の対象から外れようとしています。
 日本難病・疾病団体協議会(JPA)では、経過措置による影響を最小限に留めるため政府に軽症者登録制度及び軽症者登録証の発行などを要望していますが、現在のところでは実現に至っていません。
 また、2018年は診療報酬、介護報酬の同時改定の年になりますが、社会保障費の自然増を大幅に圧縮する政策から報酬価格の引き下げが実施されれば、医療・介護制度も大きく後退するのではないかという不安もあります。
 そうしたなか、本集会では医療ジャーナリストの堤未果氏をまねき、アメリカの医療・介護事情からわが国の社会保障制度を学び、患者・家族の訴えにより当事者が直面する困難や要望などを明らかにして、さらにたとえ病気であっても将来の夢などを語ることで、誰もが安心して暮らせる社会の実現に向けたアピールを行ないたいと思います。
 とても重要な集会になります。どうぞ、多くの方々の参加やご協力により、集会を成功させましょう。
2017(平成29年)9月26日
チラシ(表) チラシ(裏) -誰もが安心して医療が受けられる社会を目指して-  
「全国患者・家族集会2017」実行委員長 伊藤たてお 

 開催要項
名 称 全国患者・家族集会2017 ‐誰もが安心して医療が受けられる社会を目指して‐
主 催 全国患者・家族集会実行委員会
一般社団法人日本難病・疾病団体協議会(事務局)
厚生労働省難病患者サポート事業補助金
開催日 2017年11月25日(土)12時30分~17時00分
会 場 HULIC HALL(ヒューリックホール)  アクセス
 〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル2階
開 催
要 項
 

 プログラム(時間配分は目安です)
12:30  開会・主催者あいさつ・来賓あいさつ
13:30 第一部 特別講演 
  講師 堤未果氏 
  演題「難病・がん・長期慢性疾患患者の現実、アメリカの医療・介護事情-日本への警鐘」
14:30 <休憩>
14:50 第二部 患者・家族の声①
15:40 <休憩>
16:00 第二部 患者・家族の声②
16:45 アピール、閉会あいさつ
17:00 閉会

参 加
予 定
400名(難病・慢性疾患患者・家族、医療関係者、研究者、製薬企業など)
参 加
賛 同
団 体
156団体(2015年実績)
事務局 一般社団法人日本難病・疾病団体協議会
 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-11-2 巣鴨陽光ハイツ604号
 TEL03-6902-2083  FAX03-6902-2084
 HOME
全国患者・家族集会2016
難病・慢性疾患全国フォーラム2015
難病・慢性疾患全国フォーラム2014
難病・慢性疾患全国フォーラム2013
難病・慢性疾患全国フォーラム2012
難病・慢性疾患全国フォーラム2011
第1回難病・慢性疾患全国フォーラム
〈主 催〉「全国患者・家族集会」実行委員会
〈事務局〉一般社団法人 日本難病・疾病団体協議会(略称 JPA)
      〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-11-2 巣鴨陽光ハイツ604号
       TEL 03-6902-2083 FAX 03-6902-2084 mail jpa@ia2.itkeeper.ne.jp
copyright©2017 Japan Patients Association all rights reserved.